⚠実録⚠とある消防士の憂鬱日記☂

消防士の『仕事』『裏』『パワハラ』について記したブログです。 その他雑記事も有り。ノンフィクションで記したブログです。 消防士目指してる方やお子さんのいる方には是非、読んで頂きたいです。※所属、地域で差もあるため全てに当てはまるわけではありません。

~そもそも消防士になる人はどんな人が多いの?~

こんにちは。とある消防士です(^_-)-☆

 

これからの記事では、

うつ病を輩出し続ける消防の実態を記していこうと思います。

 

といってもいきなり話をされてもわからないと思うので、

まずは何回かにわけて、

消防士とはどんな職業なのか等について記事にしていこうと思う。

 

そもそも消防署ってどんな傾向の人達が働いているの?

 

・女性より圧倒的に男性職員の方が多い!

近年では女性の雇用促進がうたわれているが、割合的に見ると9割5部以上男性職員だ。

筆者の勤務する消防本部は100人に1人の割合である。

なぜ女性の採用が少ないのか?

そもそも消防士を目指そうという女性の方が少ないし、採用する側も消防本部によっては妊娠、出産、結婚で離脱される可能性が高い、体が小さい、力仕事には向かないというハラスメント的な理由が公にされないが考慮されているという話も聞いたことがある。

他には、今まで男性職員しか居なかった本部もあるので、根本的に女性用施設がなかったりする。例:鍵付き仮眠室、鍵付きシャワールームなど

又、放射線などの特殊災害において男性より女性の方が子孫繁栄など、体に対する悪影響が多きく、実災害要員が少なくなるなどの理由もある。

 

・文科系よりは体育会系が多い!

昨今でこそ、大卒採用が多くなってきたり文科系出身の方もいるが、やはりほとんどが体育会系で血の気の多い人が多い。

今現在40代、50代の職員の採用の頃は田舎に関しては、ほとんど高卒体育会系しかいなかったらしい。これも高圧的上下関係を誕生させている理由の一つかもしれない。

 

・消防士を目指して入ってくる人が多い!

近年、海猿などの映画の影響で、消防士、海上保安官、自衛隊などの人気が高まっていること。

 

バブル期は定員割れしていたが今では倍率が高くなっている。因みに筆者が就職試験を受けたときは7倍!

 

後は、救急救命士ってご存知だろうか?

簡単に言えば救急の技術や知識に秀でてる人たちの事。主な就職先は消防署や病院。

この救急救命士は国家資格であるが、これが近年、専門学校や大学で取得できるようになった。消防士になるために大学進学するなどの人が増え、本格的になりたくてなる人が増えてきた。

つまり圧倒的に20、30年前に比べると仕事が好きで好きで仕方ない、職業中毒者(ワーカホリック)になりやすい人が増えているという事。

 

まとめ

簡単にまとめると、このご時世でも男性職員が多く、体育会系が多くを占め、職業にのめりこみ易い人が多いといったところかな。職業中毒者なんかは、業務外の事を他の人に押し付けたり、、、

他の民間企業に比べればハラスメントが起きやすい環境なのである。

 

いかがだったでしょうか?

ご愛読ありがとうございました。

 

次回は消防士ってどんな仕事をしているの?

について記事にします!

 

よかったら読者登録お願いします。

 
⚠実録⚠とある消防士の憂鬱日記はツイッターもやってます!
ブログの公開や、くだらない一言、その日の出来事などをつぶやいています。
良かったら読者登録と合わせてフォローよろしくお願いします!